ショービットの練習方法!出来ない人、乗れない人必見!

スケボーHow To

プッシュ、チックタック、マニュアルにも慣れてきたらスケボーの楽しさが段々

増してきたころだと思います。

この頃からオーリーにもと手を出す人もいますがオーリーの前にショービットを

習得しましょう。

 

 

ショービットとはスケボーを横に半回転させる技で今後の横回転系の

トリックにも必ず役に立つ1番シンプルな横回転トリックとなっています。

 

 

デッキへの恐怖心を少なくしてくれるショービット

始めて回転系のトリックをするという事で恐怖心は誰もが抱きます。

特に自分の足元から初めて離れるトリックの一つ目になる為に

転倒はします。

しかしながらこの記事を見てくれている人は今まで転倒してきたと思います。

 

 

なので慣れれば恐怖心は無くなりますしスケボーがより楽しくなります。

それにショービットで最後バランスを崩してもチックタックの応用で体制を立て直したり

バリエーションも増えより、やる気も出てくると思います。

 

 

ショービットのやり方

 

1.スタンスとしては後足はテールの端におき、板からつま先が少し出るくらいに調整します。

前足に関してはビス付近でいいかと思います。

そして板からでたつま先でデッキの端を掴むイメージで足はおいておきましょう。

 

 

2.膝を少し曲げ溜めを作ったら真上にジャンプ後足でテールを掴んでいる部分を

真横に押し、そのまま足は蹴り抜けます。(後足はくの字型になると思います)

ただし、テールが地面についたらきれいに回転しない為、下に力が

掛からないようにしましょう。

そして前足は上にあげておきましょう(モモ上げのイメージ)

 

 

3.前足でキャッチ後、後足もデッキに乗せれればメイクです。

このキャッチが中々、難しいと思いますが手順2の時にジャンプした際に

デッキの回転を見ればキャッチしやすいので試してみてください。

 

 

ショービットの練習方法

私の場合ですがまず停止した状態でショービットの練習をしました。

何故なら怖かったのとデッキが真下に来なかったので最初は物に捕まって

きれいな形で回せるようにしました。

今考えると体の軸がずれていたのかなと考えられます。

体の中心が軸としなければいけない所、恐怖心からか後ろに軸が移動

自身は上に飛んでいてもデッキは後ろで回っているという事が多かったです。

物に捕まってメイクできれば次はその場で何も捕まらずに停止した状態でチャレンジし

メイクすれば最初は1プッシュで挑戦という形でメイク出来るようになりました。

 

 

スケボーは転けるものです

 

スケボーをしていれば必ず転けます

どれだけ長くスケボーをしている人でも転倒したり初心者でも同様です。

転ばなくする為にはどうするべきか……ひたすら練習あるのみです!!

しかしショービットでは転ぶ危険度を軽減できます。

その方法とは少しでも危ないと思ったら飛び降りてください。

それをすることで転倒のリスクがかなり軽減されます。

それでも転ぶことはあります。その時は大事なところを打たないように体を丸めてください。

私の経験上、転ぶことは多数ありますが転んだ時の受け身も上達していました。

 

 

【関連記事】

スケボー,マニュアルのコツや練習方法!怖くて出来ない人は必見!!

スケボーチックタックのコツ!短期間で前に進むやり方!

スケボー プッシュHow To 編‼こけずに真っ直ぐ進む方法!曲がる方は必見!!

コメント