大相撲三段目力士、響龍死亡!原因は春場所13日目の取組が原因か?

事故

力士でもあった3段目力士の響龍さんが28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で

死亡しました。

3月、春場所13日目の取組ですくい投げを食らい頭から落ちた衝撃でうつぶせの状態から

立ち上がれなかった響龍ですがその後、救急搬送されており治療をしていましたが

寝たきりの状態でしたが徐々に体が動くようになっていましたが

28日に容体が急変し死亡したとの事です。

詳細を調べてきました。

概要

 

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀)が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。28歳だった。日本相撲協会が29日、発表した。 【写真】3月26日、取組のあと土俵上で動けなくなった響龍のもとに担架が運び込まれる 響龍さんは3月の春場所13日目の取組で、すくい投げを食った際に頭から落ちた。意識はあったがうつぶせ状態のまま立つことができず、倒れてから約1分後に、呼び出し3人があおむけにした。審判の親方衆や医師らが容体をうかがうなどし、倒れてから約6分後に担架に乗せられて土俵を降り、都内の病院に救急搬送されていた。響龍さんは救急搬送された際、協会関係者に体のしびれを訴えていた。 翌日には、師匠の境川親方(元小結両国)が日本相撲協会広報部を通じて「いま、一生懸命、治療に専念しています」とコメントしていた。関係者によると、響龍さんの入院生活は続いていたというが、徐々にまひした体が動くようになっていたという。しかし、28日に容体が急変。同日に死去した。取組でのアクシデントがきっかけとなった死去は、異例。寝たきりの状態が続いており、肺血栓を患っていたという。 協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「この度の訃報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。私自身、突然の訃報に、ただただ驚き、茫然としております。一か月以上にわたる闘病生活、さぞ辛かったと思いますが、ご家族や師匠らの懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと願っております。懸命の治療を施してくださった医療関係者の皆様には故人に代わり、深く感謝申し上げます」(原文ママ)とのコメントを発表した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

怪我の詳細は勝ち越しがかかった今福戦での今福からのすくい上げで

頭から落下し土俵に沈むアクシデントが発生ししばらくはうつ伏せのまま動けない状態でした。

その後、三人の介護もあり仰向けになりましたが担架で運ばれ、医師も土俵に上がる

珍しいケースとなっていました。

 

 

しかし子の時に今福は勝ち名乗りを上げましたが救助が二の次となっており

勝者の対応が優先されていた為、批判の声が上がっています。

 

 

格闘技ともなると命にもかかわる怪我が多い為、このような場合は負傷者を優先してもらいたいものですね。

ましてやうつ伏せで倒れている状態はかなり危険なので周りも勝ち名乗りを中断してでも

救助を優先すべきではないでしょうか?

 

 

伝統も必要かとは思いますが伝統より人命の方が優先です。

 

響龍のプロフィール

 

出典:https://www.nikkansports.com/battle/

 

最高位三段目 24
本名天野 光稀
生年月日平成5年3月17日(28歳)
出身地山口県下関市
身長 体重178センチ 138.7キロ
所属部屋境川
改名歴天野 光稀 → 豊関山 光稀 → 響龍 光稀
初土俵平成23年5月
生涯戦歴195勝206敗5休/401出(60場所)
 三段目戦歴74勝103敗5休/177出(27場所)
 序二段戦歴113勝97敗/210出(30場所)
 序ノ口戦歴8勝6敗/14出(2場所)
 前相撲戦歴1場所

引用:http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=11958&l=j

 

成績はけしていいとは言えないものの今後、相撲界を担う一人であったために今回の

死亡は残念で仕方ありません。

今後、このような事故が無くなる様に相撲界も改革が必要なのと人命が最優先をもっとうに

相撲界を変えていってもらいたいと思います。

 

肺血栓とはどんな病気?

 

人間が生きていくためには、酸素を体内に取り入れることが必要です。そのために肺では、吸い込んだ空気の中から酸素を血管内に取り入れ、二酸化炭素を血管内から体外へ出すという、“ガス交換”を行っています。心臓の右心室から肺へ血液を送り出す血管を肺動脈といい、酸素濃度が低い血液が流れています。血液は肺動脈を通って肺へ行き、肺でガス交換を行った後、酸素濃度が高くなった血液は肺静脈を通って左心房へ戻ります。
左心房へ戻った血液は左心室を経由して全身に送られ、各臓器で酸素が使用されます。消費された酸素は二酸化炭素になって血液中に戻るため、全身を回るうちに血液中の酸素濃度は徐々に低下し、二酸化炭素濃度は徐々に上昇していきます。そして、血液は大静脈を経由して右心房へ戻ります。
右心室から血液は肺動脈を通って再び肺に向かい、ガス交換が行われます。人体の中では絶えず血液が流れ、肺では休みなくガス交換が行われています。

この肺動脈に血液の塊(血栓(けっせん))が詰まる病気のことを、“肺血栓塞栓症”と呼びます。飛行機の狭い座席(エコノミークラス)で長時間座っていて、急に立ち上がったときなどに発症することが多いことから、肺血栓塞栓症は“エコノミークラス症候群”とも呼ばれます。では、この血栓はどこから生じるのでしょう。
食事や水分を十分にとらず車の中や飛行機など狭い環境で長く座った状態で動かないでいると、血液は濃くなって固まりやすくなり、足の静脈の血液がよどんでしまいます。この状態が続くと、脚(主にふくらはぎ)の静脈内に血の塊(血栓)ができてしまいます。これを、深部静脈血栓症と呼びます。下肢に静脈血栓症を発症すると、血栓が生じた側の脚がむくんだり、腫れたり、痛くなることがあります。
静脈内にできた血栓は、しだいに大きくなり、ちぎれてしまいます。それが、血流にのり、肺動脈や肺に流れてしまうことがあります。血液の流れに乗って運ばれてきた異物(血栓)が肺動脈をふさぐことを塞栓(そくせん)といい、この状態を肺血栓塞栓症と呼びます。
小さな血栓が肺動脈につまった場合は、肺へ流れる血流が低下して肺でのガス交換が不十分になるため、息切れ、胸や背中の痛みを自覚することがあります。
さらに、大きな血栓がつまった場合には肺へ流れる血液が著しく低下するため、ガス交換ができなくなるだけでなく、血圧も低下するおそれがあります。肺血栓塞栓症は命に関わることもある、危険な病気です。
災害時には、車の中など脚を十分に伸ばせない狭い生活環境や、寒さ、十分に水分が摂れないなどのリスクが重なることから、肺血栓塞栓症への十分な注意が必要です。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=152

 

肺血栓塞栓症とは別名、エコノミー症候群とも呼ばれる病気です。

食事や水分を取っていないと血液が濃くなり固まりやすくなり足の静脈の血液がよどみ

血の塊が最終的に出来、血栓が次第に大きくなり血流にのり肺動脈や肺に流れ肺動脈を

防ぎ心不全になるとの事で響龍はこのような症状で亡くなったと考えられます。

当時の写真

出典:https://meilingual.com/hibikiryuyotai

 

この画像ですが勝ち名乗りを上げている最中の写真です。

考えられますか?

力士が負傷しているのにもかかわらず勝ち名乗りを上げる精神が理解できません。

 

 

この響龍が少しでも早く対応されておれば結果も変わっていたのかもしれません。

日本の伝統でもある相撲も様々な問題を抱えていますが本当に改革が必要なのだと思います。

 

SNS上の声

 

 

取組中に怪我をするということが懸念点として長年大相撲に存在してきたことは事実ですが、亡くなる事態に発展してしまうというのは過去の事例を考慮しても思い付きません。

脳震盪が発生したときの対策は最近論じられる機会がありましたが、このようなリスクに対してどのように受け止めるか。相撲という競技の性格上起きてしまうと受け止めるのか、競技の在り方を変えてでも変えねばならないのか。

亡くなった響龍さんのご冥福をお祈りします。

土俵上で倒れて動けない中、相手の力士が行司から勝ち名乗りを受けている光景が、あまり異様だったのが印象に残っています。

ご冥福を祈ります。

昔のしきたりばかり重視しないで、力士の安全を配慮して改革する時だと思う
あの時の状況的に協会の手際の悪さが招いた結果ではないだろうか。回復傾向だったのに容態の急変で若くして亡くなるとは。御冥福をお祈りします。
すくい投げをくらい頭から落ちた。
1分後にうつ伏せから仰向けにした。
6分後に担架で運ばれた。頭から落ちた場合は大袈裟とか取組の時間とか気にせずにすぐに医師と共に担架で運ぶというふうにするべきですね。

脳へのダメージはその時は良くても後で容態が急変する可能性も十分にありうる。

相撲の場合特に巨漢から投げられ更に自身の体重もあります。

コメント