オーリーの原理や前足の使い方!物超えに挑戦!後編

スケボーHow To

オーリーでのデッキの弾き方や進んでのオーリーは慣れてきて

体に染みついてきましたか?

ここに来るまでに何度も転けて挫折しかけたと思います。

 

 

今までやってきたことはオーリーには変わりないですがチョコっとオーリーとでも

名づけましょうか。

オーリーとは後足の弾きと前足の摺り足が重要になってきます!!

今回はオーリーの原理右足の使い方物超えに関して共有していきたいと思います。

まだ前編をみていないかたはこちらから

スケボー,オーリーのコツやスタンスの説明!出来ない人必見!前足の使い方!前編

 

オーリーの原理

 

スケボーはテコの原理で板が斜めに浮き上がります。

スケボーに例えると板は棒として支点はテール側のウィールになり

力点は後足にて蹴られたテール、そしてその力が作用点のノーズに伝わり

デッキは斜めに浮かび上がります。

 

 

なので前編では皆様にテコの原理を体に染み込ませる方法を教えていました。

体に染みつかせることでよりオーリーの理屈が理解できたと思います。

言葉での説明では伝わらないかもしれないので図で説明します。

 

 

 

右足の使い方

右足の使い方は至ってシンプルです。とよく聞きませんか?

理屈的にはシンプルですがいざやってみると中々、上手くいかないのが現状です。

テコの原理で斜めに浮いたデッキを前足で擦ってデッキを平行にする。

この平行にする動作で悩んでいる方も多いかと思います。

言葉での説明では伝わらないかもしれないので図で説明します。

 

私の経験上、前足で擦るイメージが分かりにくかった為、まずは停止した状態で

テールを完全に踏み地面と設置させその場でひたすら前足で擦る動作を繰り返しました。

感覚を体に染み込ませた手段ですね。

 

 

それでもいざ走りながらやってみるとなんか違うという事が多く擦るという固定概念に

とらわれすぎて頭が混乱したこともあります。

そこで私が行ったのは擦るというイメージを自分なりに違うものに変換して試すという

結果に至り私のイメージは飛び膝蹴りのイメージでオーリーした所

なんと自然と擦るという事が出来ました。

 

 

何故飛び膝蹴りのイメージだったのかというと膝を支点としてひざ下の可動域は決まっているため

それなら膝ごと前にやればいいやん!!となったのがきっかけで

これをイメージすることで自然と前進方向にも体が行くようになりオーリーとしても

デッキが水平になる様になりました。

 

 

オーリーで物超え

 

プッシュしながらオーリーも慣れてきた次は物超えですよね。

ある程度高さでたからセットコーンでも挑戦と考えていればそれはNGです!!

障害物があるなしでオーリーでの自分が見える世界観がガラっと変わります。

 

 

最初は5cmほどの障害物を置きトライしてください。

たかが5cm、されど5cm目の前に障害物が来れば数センチがかなり

高く感じます。

恐怖感を感じ後体重になるかもしれませんがトライを重ねて恐怖心を薄め

メイク出来たら徐々に高さを上げていくという手段がおススメです。

 

 

最後に

 

私の経験上、オーリーで物超え出来た時の感動は何物にも代えられない達成感がありました。

挫折しかけデッキを置きかけた日もあります。

しかしそこで私は思いました。

オーリーにメイクはあれど習得はないなと。

これは悪い意味ではなく自分で今の高さをメイク出来れば新たな高さに挑戦するという

繰り返しの動作になり常に基礎を学べるという事です。

自分が納得いく形になるまでに1年近くかかった気がしますが継続は力なりと諦めずにやれば

オーリーは必ず出来ます!!

 

 

努力は裏切りません!!

さらに人によってオーリー習得までの日数にはバラツキがあるので自分のペースで

オーリーに挑戦し続けてください。

その先には新たな世界があなたを待っています!!

 

 

 

コメント