北海道豊浦町東雲,漁師の名前,顔特定!日常的にDVか?子供が連絡し発覚!

事件

何とも悲しい事件が発生しました。

事件は北海道豊浦町東雲町に住む子供から警察に連絡があり駆けつけたところ

自称・漁師である男性が妻の顔面を複数回、ビンタし両手で押し倒すなどの暴行を

加えた疑いが持たれています。

事件の詳細を調べてきました。

 

北海道・伊達警察署は4月30日、豊浦町東雲町に住む自称・漁師の男(28)を暴行の疑いで逮捕しました。 男は4月30日午後5時半まえ、自宅アパートの一室で30代の妻の顔面を複数回ビンタし、両手で押し倒すなどの暴行を加えた疑いが持たれています。妻にけがはありませんでした。 警察によりますと、当時自宅内では2人の子どもが犯行を目撃していて、「お父さんとお母さんがもめている」という子どもの110番通報をうけて臨場した警察官が男を現行犯逮捕しました。 調べに対し男は「間違いない」と容疑を認めていて「子育ての話でもめた」などと話しているということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

この事件は子供が一番の被害者ですよね。

しかし子供から警察に連絡するなどかなり子供は恐怖感を感じたのではないでしょうか?

しかしどのような原因があったにしろ男性が女性に手を上げるなどかなり最低な

男性ですよね。

 

 

さらに漁師という事で力もかなりあると思いますから妻である女性もかなり恐怖心が

あり過去にもDV的なものを受けていたのかもしれませんね。

 

 

子供はかなりの勇気があったと思います。

本能的に危機感を覚えて警察に連絡したと思いますが今後、子供に被害が及ばないのか

心配になります。

 

 

容疑者のプロフィール

 

 

名前:不明

年齢:28歳

職業:漁師

住所:北海道豊浦町東雲町

罪名:暴行等

 

まだ若いので感情が先行し妻である被害者に暴力を振った可能性が高いと思われます。

名前等はまだ報道されていない為、こちらの方で調査し情報が入り次第、更新します。

 

 

DVはなぜ発生するのか?

 

DVは、相手を支配し、コントロールしようとするための態度です

加害者は、あなたを自分の思い通りにしようとして様々な暴力をふるいます。あなたは、自分は無力だと思うようになり、恐怖を抱き、自分に対して絶望したり、あきらめたりして、今とは違う生活を想像できなくなってしまいます。

家庭では、女性は男性をたて男性の言うことを聞くものという考えが背景にあります。

DVの多くは、男性から女性にふるわれています。多くの場合において、男性は女性よりも経済的・身体的・社会的により強い立場にいます。そのような立場を当然と考え、またその権力を使って暴力をふるうのです。

どんなひどい暴力でも個人的なことだからと放置されてきました

どんなにひどい暴力があっても、家庭内のこと、個人どうしの関係には、他の人が立ち入るべきではないと考えられてきました。加害者も他の人が関わることを拒み、そのため、家庭は密室となり、暴力が放置されてきたのです。

引用:http://toyonaka-step.jp/dv_top/dv_03/

 

もしこの記事を見ているあなたが暴力を受けているのであればすぐに相談することを

おススメします。何かあってからでは遅いので…。

 

SNS上の声

 

お子さん、気の毒すぎる。子育て成功だとかいうコメントがあるけど、こんな暴力沙汰を起こす親の下、これまでどれだけストレスがあったか。たぶん相当色々我慢してるんだろう。子供に気を遣わせたり余分なストレスかけてはいけない。子育ての会議する前にその部分考えてほしかった。

 

女性に暴力を振るうなんて最低だ。いくら子育ての話とはいえこの男にそれについて言う資格がない。どうして男はすぐに暴力に訴えるのか?お互いに冷静になって話せば済むことだろう。こんな得この男を育てた両親に疑問を持ちます。甘やかしすぎて我がままになったとしか思えない。

 

暴力は絶対良くないですが、夫婦喧嘩の発端が「育児に関して」という事は本当に多いですよね。やっぱり両親どちらも、自分の意見が正しいと思っていますから大切な子供に関する事なので絶対ひきたくないし譲れない戦いで。つい大喧嘩に発展する。

でも結局、手を出してしまったり言ってはいけない事を口走ったり最終的にしてしまうとどんなに正しい事を言っていたとしても本末転倒ですね。冷静に相談し合い、譲れるところは譲り合いながら相手を信じて明るい子育てをしていけたらいいな。

 

私も暴力を見ながら育ちました。
母へ蹴る殴る、髪の毛ひっぱってひきずる。
背中殴って呼吸ができない状態。
頭を壁にぶつけて脳震盪にもなりました。
警察よんだことありますが、家庭のことは介入できないと帰っていきました。

母は病気で亡くなりましたが、長生きしてほしかったです。
父親は子供に手を出してないけど、精神的な虐待。

 

 

 

コメント